FCV(燃料電池自動車)の魅力

燃料電池自動車(Fuel Cell Vehicle:FCV)ってなに?

  • FCVは水素と空気中の酸素を燃料電池で反応させて発電し、モーターを動かして走る次世代自動車です。
  • 走行中に排出するのは水だけで、二酸化炭素や大気汚染物質などを発生させない、環境に優しい究極のエコカーです。 静粛性・加速性にも優れています。
  • 航続距離は500km以上、水素の充てん時間は3分程度と、ガソリン車と遜色ない性能を持っています。

燃料電池の仕組み

  • 水素(H2)を燃料極に提供
  • 水素は燃料極の触媒で活性化され、電子(e-)を放出
  • 水素から離れた電子が燃料極から空気極に移動する事で電気が発生
  • 電子を放出した水素は水素イオン(H+)となりマイナス側から電解質を通り空気極側へ移動
  • 空気極の触媒で空気中の酸素と水素イオンと電子が結合し、水(H2O)が生成